【首吊り人形だらけの島!?】ソチミルコにある呪われた島、人形島がやばい、、、

世界にはまだまだ知らない島がたくさんあります。 本日は世界7大禁断の地であるソチミルコの呪われた「人形島」をご紹介致しました。

【首吊り人形だらけの島!?】ソチミルコにある呪われた島、人形島がやばい、、、のイメージ

目次

  1. 1、人形島があるソチミルコとは!?
  2. 2、人形島とはどんな島なのか。。。?
  3. 3、人形島に人形が飾られている理由
  4. 4、人形島を作ったドン・ジュリアン・サンタナという男
  5. 5、人形島で殺人事件が起きた!?
  6. 6、人形島に行った人たちの声と現地の人たちの声
  7. 7、日本から人形島への行き方
  8. 8、人形島以外の訪れてはいけない場所一覧

1、人形島があるソチミルコとは!?

出典: https://ja.wikipedia.org

メキシコの首都、メキシコシティにある行政区の一つにソチミルコというエリアがあります。

面積は122平方kmで、メキシコシティでは3番目に大きい区になります。
ソカロ周辺の歴史風致地区とともに世界文化遺産に登録されており、かつてはアステカ民族の湖上都市でした。しかし、スペイン征服軍が侵入したことでかつて、土地の大半が湖だったメキシコシティは埋め立てられてしまいます。そんな中でも運河が残っているのがソチミルコです。

ソチミルコ自体はカラフルな遊覧船でも有名です。
この遊覧船にのって運河ツアーが最近の流行ですね。

ただし、ぼったくりに合う可能性があるので気をつけてください!
人形島が有名になりすぎてマフィアが運河ツアーでぼったくりなどをしていると情報が入ってます。

2、人形島とはどんな島なのか。。。?

出典: https://matome.naver.jp

さてここから本題の人形島の紹介です。
ソチミルコから運河で移動します。運河に生えている水草をかき分け、一度、遊覧船から降りて、遊覧船をクレーンで運び、かれこれ2時間ほどかけて島にたどり着きます。

そして、そこには遠くからみてもわかるくらい数えきれない数の人形が島中にあります。

近くでみると何か焼け焦げたような黒い人形や片手がない人形、苦しい表情をした人形、片目がくりぬかれた人形など何百とあります。

通常、昼にしかいけない島ですが、夜に訪れると本当に不気味な島であることが容易に想像がつきます。

3、人形島に人形が飾られている理由

出典: https://matome.naver.jp

この人形島を作ったのがドン・ジュリアン・サンタナという人物です。
この男に関しては後程記載致します。

もともとこの島を人形島にしたきっかけは一人の少女の溺死から始める。

このソチミルコには誰も近づかない不気味な湖があるのですが、その湖に続く川で一人の少女がおぼれてしまいます。そこにいたドン・ジュリアン・サンタナは彼女を助けることができませんでした。

結局、彼女の遺体すら浮かび上がってくることはありませんでした。

そして、数日が立ったある日。。。。

ドン・ジュリアン・サンタナは彼女の亡霊と会います。
ドン・ジュリアン・サンタナは彼女の亡霊に苦しむようになります。

それからというもの、ドン・ジュリアン・サンタナは川に流れてくる人形を拾い上げては供養のために人形を釣り上げるようになりました。

ブードゥー教では不気味な人形を祀ることで災いを退ける呪いの儀式があります。この地域のキリスト教徒はみな多数の人形を持っていたため、彼らが古くなって捨てた人形や流れてくる人形をドン・ジュリアン・サンタナは拾い集めて木に吊るしていたのです。

そして、そんな行為が何十年と続いたあと、ドン・ジュリアン・サンタナは奇しくもその少女がなくなったのと同じ場所で溺死します。

4、人形島を作ったドン・ジュリアン・サンタナという男

出典: https://matome.naver.jp

もともとこの人形島はドン・ジュリアン・サンタナが管理を任されていた島です。
彼はほかの人と違い不思議な力を持っていたと妹が話しています。

妹によると彼が手をかざすだけで病気を治すといった不思議な力があったといいます。このの力が気味悪がられて、時には暴力を受け、町から追い出されたともいわれています。

そして、上記に記載した事件が起きます。

ここには諸説あるのですが、ドン・ジュリアン・サンタナは芸術家で周りの人たちと接触することを嫌がったという説があります。ここから川で流れてきた人形を島中に吊るしたという説が一つ目。

もう一つがドン・ジュリアン・サンタナが少女を供養するためにひたすら人形を吊るし上げたといわれています。

そして、その後ドン・ジュリアン・サンタナは50年に渡って人形をひたすらつるし上げるようになります。

家の中、街中、木など至るところに人形を吊るしていきます。

しかし、50年間ドン・ジュリアン・サンタナはこのような行いをしたにも関わらず、少女の遺体が見つかった湖で死んでしまいます。

なんとも皮肉な人生の終わり方ですね。

今ではドン・ジュリアン・サンタナのお墓と少女のお墓がこの人形島に祀られております。

5、人形島で殺人事件が起きた!?

出典: https://matome.naver.jp

最近、「金田一少年の事件簿」でこの人形島をモチーフにしたテーマでストーリーが作られました。

こちらの話は架空の日本の島で人形島をモチーフにした島を用意し、この待ちで殺人が起きていく設定になっています。

「金田一少年」の世界感でしっかり描かれてます。

とはいえ、人形島に行く際にはよく水難事故が起きています。
これもドン・ジュリアン・サンタナの呪いのようなものかもしれませんね。

6、人形島に行った人たちの声と現地の人たちの声

・人形島に人が来るようになったのはここ数年のこと。
・今はドン・ジュリアン・サンタナの息子が管理している。
・人形はアナと雪の女王といった最近の人形も飾られている。
・島全体は明るく、穏やかだがぶーーーーーんといった音が聞こえたりする。しかし、虫の存在は確認できず。。。。

実際に訪れた人たちの間ではやはり不気味という点が非常に目立っているそうですね。

まあ、島中に人形が吊し上げられていたら誰でも怖いですよね笑

7、日本から人形島への行き方

出典: https://matome.naver.jp

まずは日本からメキシコの首都、メキシコシティへのフライトを見つけます。
だいたい直行便だと15万くらいで東京から便があります。時間は15時間くらいかかりますね。
乗り換えだと18時間くらいかかります。

時差が14時間あり、日本の日中がメキシコの夜になります。

そして、メキシコシティ到着後、ソチミルコへ向かいます。

メキシコシティからソチミルコへはメトロでTasquena駅に行きます。
Tasquena駅は青色の2番路線の終点です。

そこでトラムになります。
トラムに乗ると、終点のXochimilco駅までいきます。

そして、改札を出ると船乗り場があります。
遊覧船の客引きがすごい多いです。

ついたら早速遊覧船に乗りましょう!
ここが一番大事なポイントですが、遊覧船では4時間のツアーにしてください。

人形島が1時間半で到着するため、往復する時間のプラン出ないと人形島までたどり着いてくれません。

また、注意点ですが、
人形島には偽物の島が複数用意されています。

遊覧船の人も偽物の島までしか行ってくれないケースがあるので、しっかりと場所などを把握して、船乗りの人に交渉して向かいましょう。

8、人形島以外の訪れてはいけない場所一覧

最後にアメリカのCNNから発表された世界7大禁地をご紹介致します。

1、チェルノブイリ遊園地(ウクライナ)
放射線量の値がすごい高い場所があり、危険である。また、観覧車は25年以上も放置されているのでいつ倒れてもおかしくない。

2、セドレツ納骨堂(チェコ共和国)
人骨を保管している場所。礼拝内を人骨で装飾している。

3.青木ヶ原樹海(日本)
方位磁石が使えないといった俗説がある。
また、日本では自殺スポットの名所としても有名ですね。

4.アコデセワのブードゥー崇拝市場(トーゴ)
ハイチで奴隷となった人たちが逃げ込んできた場所。新しい宗教が生まれる。

5.ソチミルコの人形島(メキシコ)

6.軍艦島(日本)
かつて東京以上の人口密度を占めていた島。今は無人島になった。

7.コンジアム精神病院(韓国)
入った人が次々と死んでいく病院

こちらがCNNで発表された世界7大禁地です。
今回はソチミルコの人形島をご紹介致しましたが、別の機会に他の世界7大禁地もご紹介致します。

関連するまとめ記事

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ